濃い毛が悩み。わきの脱毛をしたいのだ。

町田市に住むアラサー女です。夏になると、肌を露出する機会も増えます。その年のトレンドによっては、ノースリーブの商品がヒットすることもありますが、わきの毛が気になり、なかなかチャレンジすることができません。流行りの服を思いっきり楽しめないということは、非常に残念な気持ちになります。

もともと髪の毛やまつ毛、眉毛など、他の人よりも黒くしっかりした太い毛が生えてきるので、体毛も同じような状況です。

腕や足の毛はあまり気にはなりませんが、わきの毛だけは、自分では上手に処理することができません。わきの毛は色々な方向に生えているので、剃刀を様々な方向に向かって使用しますが、何度も同じ位置に剃刀が当たることで、血が出たり、かゆみが生じます。

また、摩擦により、少しずつ黒ずんでいきます。さらに、元々しっかりとした毛が生えているので、剃った後でも毛穴が目立ち、前日の夜に処理をしても、翌日の昼以降には、数ミリ毛が生えていることも多々あります。こ

のような悩みがあるので、友達と海やプールに行き、水着になるのも、億劫で不安になります。さらに、友人の結婚パーティーで着るドレスも、ノースリーブタイプのものは、デザインが気に入ったとしても、選ぶことができません。処理をしていても、常に現在のわきの状態を気にしながら過ごすことは大きなストレスです。

もともとわきの毛が生えない人や体毛が薄い人がうらやましくてなりません。サロンで脱毛をすれば、上記のような悩みが解決できるのではないかと期待しています。脱毛サロンも様々有り、価格設定もバラつきがあるので、正直どのお店を利用すればいいか分からない状況です。

そんな時に、友人で脱毛を経験している子がこのサイトを教えてくれました。町田市にある脱毛サロンやクリニックをランキングにしてくれているので、とても分かりやすいです。

わきの脱毛に成功すれば、今よりももっとファッションやレジャーを楽しめ、行動範囲も広がると思っています。安心で、信頼できる脱毛サロンで、わきの脱毛に挑戦したいです。

「ゆめのかよいじ」映画化までの軌跡。

原作の漫画「ゆめのかよいじ」の、その叙情詩的世界観に触れて以来、映画化を連載当時より模索していた。

2004年、新潟県中越地震が発生。

故郷長岡の被災は五藤自身の使命感を奮い立たせるきっかけとなった。しかし、映画化を成立させるため奔走するも時間は過ぎて行く。

そんな中、2010年の夏、突然全てがまわり始める。主演二人の決定、撮影スケジュールの調整、ロケ地の確保など撮影までの準備は急ピッチで進むことに・・・。

そして同年10月には無事撮影完了となった。撮影期間中は地元での多大な協力を得る。

スタッフ宿泊場所の提供やエキストラ参加、写真資料の提供など数えきれない程の協力にスタッフ一同心から感銘を受ける。

特に避難所での炊き出しのシーンでは、中越地震の際、実際に避難場所となった集会所で、豚汁やおにぎりも作って頂いた。

撮影年の翌年、2011年3月11日に東日本大震災が発生。

仕上げの編集作業に入っていた段階で様々なことがストップしてしまう。

その結果、元々予定していた資金も集まらなくなり、映画の公開までも危うい状況となったが、
プロデューサー陣は何としてもこの作品を成立させるという強い気持ちで時が来るのを待った。

そして、2011年10月、映画チケット共同購入サイト「ドリパス」の協力を得てクラウドファンディングのスキームを使い映画製作支援を呼びかけ、45名の方にご支援頂いた。

この動きが話題を呼び、資金集めにも良い影響を与えることとなる。

2012年には出演者の活躍により多くの支持を頂くようになり、ようやく新潟での先行公開に至るまでとなった。

 

 

と、映画化までについてこのように書かれていました。

映画を作るのって本当に大変なんですね。ちなみにこのころ、私は人生の一大イベント『結婚式』がありました。

もちろん私が新婦です。

一生に一度の結婚式。本当に楽しみだったんですが、結婚式直前に旦那と大喧嘩。理由は、あるはずだと思っていた貯金が全くないから。。。

旦那に聞いたら、私に黙ってお金を使っていたと…。最悪です。

結婚式場代も足らずにどうしたらいいのか。中止になんてできるはずもない。結果的にクレジットカードのキャッシングでお金を借りて支払う羽目に。

もちろん、出来ることならキャッシングなんて使いたくなかったですが。。。

めちゃめちゃ腹が立ちましたが、今となればいい思い出ですけどね。

ストーリーは?

夏休みが明けた頃、東京から母親の故郷である新潟の山あいの高校に転校してきた宮沢真理(石橋杏奈)。最愛の父と死別し、また都会で傷ついた少女の真理には、昔のままの木造校舎や、雄大な自然の風景が、とても新鮮で、安らぎを感じ、心の底から魅かれていく。

ある日、その木造校舎で、見馴れない制服を着た、美しい少女の岡部梨絵(竹富聖花)と出会う。

神秘的な目でじっと真理を見つめる梨絵は、「帰ってきたの?」と言い、戸惑う真理に抱きつき、不意に口づけをしようとする。呆然と立ち尽くす真理。

気がつくと梨絵は、その場から消えていた。

梨絵は時のはざまにさまよう精霊だった。梨絵は戦後まもなく大切な人をなくして自らも命を絶ち、数十年の時を越えて現代にも残る古い木造校舎に居つく精霊。

はじめは受け入れられなかった真理だったが、次第に真理と梨絵は不思議な交流を重ねていく。魅かれあう二人・・・。

お互い大切な人を失い心が空洞化した少女2人が不思議な交流を重ね、過去から未来へ続く人々の絆、古いものの大切さを実感し、互いの苦しみを理解しながら再生へと向かっていく。

キャスト
・石橋杏奈(TBS 木曜9時 10月クール連続ドラマ「レジデント~5人の研修医」に出演中!2012年9月13日に劇場公開した映画「トリハダー劇場版ー」や11月24日劇場公開予定の映画「ミロクローゼ」にも出演と、映画出演も多数。)

・竹富聖花(今冬放送するNTV系特別企画ドラマ「リバース ~警視庁捜査一課チームZ~」に出演予定!テレビ、映画、CMと幅広い活動で、才能を開花。)

・白石隼也(2012年9月2日朝8時からテレビ朝日系「仮面ライダーウィザード」で、主演!人気俳優の階段を邁進中。)

・浅野かや(今夏、2012年8月4日に劇場公開した「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キター」に出演!今後の活躍に目が離せない注目の存在。)