札幌でひげ脱毛※青髭とサヨナラするために永久脱毛

私の一番気になる体毛は、ヒゲです。
女性ホルモンが多いみたいで、全身の体毛は非常に薄いです。
脇の毛は生え始めの中学生より薄いくらいです。

しかし口の周りのヒゲは異常に濃いのです。
毎朝ヒゲを剃るんですが、夕方には口の周りが黒くなり始め、夜には真っ黒です。
ヒゲ自体は短いのですが、ヒゲが太く、真っ黒です。

小学校から高校生まで、剣道をしており、面で顎の下が擦れて濃くなったみたいで、高校生ながら顎下のヒゲは剛毛となりました。
その上、皮膚が弱く、カミソリに負けやすく、シェービングクリームやローションを使っても、肌が荒れていました。
その上私は異常に顔の皮膚が伸びます。(顔の皮膚を指で引っ張ると2㎝以上伸びます。)
ですから、ヒゲを剃ろうとすると、皮膚が延び、カミソリがヒゲにかからず、とても剃りにくいのです。
そのせいでカミソリで皮膚を切ってしまい、二重に血まみれとなっていました。

そんな私に大学時代の友人が、良いものを薦めてくれました。
電気シェーバーです。
その友人もカミソリ負けで、肌を痛めていたらしいのですが、電気シェーバーを使い始めたところ、カミソリ負けがなくなったそうです。
おまけにシェービングクリームを使わなくて良いから、お風呂に入らずヒゲが剃れるのです。
当時、私は夕方、ヒゲが濃くなるのが嫌で、毎朝風呂に入ってヒゲを剃っていましたが、大学生にとって、朝は1秒でも長く寝ていたいもので、風呂が億劫で仕方がありませんでした。

早速、電気屋に行き、電気屋の店員さんにオススメの安い電気シェーバーを買いました。
電気シェーバーは素晴らしかったです。
鏡を見ながら、バリバリとヒゲを剃ります。
肌も全く荒れません。
素晴らしいアイテムでした。

しかし、落とし穴がありました。
ヒゲが濃くなり始めたのです。
相変わらず皮膚が延び、ヒゲが剃りにくく、シェーバーを肌に擦り付けるので、ヒゲが、どんどん濃くなりました。
思いきってヒゲを生やそうかと思いましたが、私は顔のラインにヒゲが全くないのです。
モミアゲの途中から毛が消滅し、顔のラインは無毛で、顎下が剛毛なのです。

一時期、本気でヒゲの脱毛を考えましたが、40歳を越えた辺りから、頭髪が微妙になり始め、ヒゲは温存する方向に方向転換しました。

「やっぱり脱毛しようかな」と、思いながら、今日もシェーバーでヒゲを剃ります。でもいつかは…と思ってやっぱりこういったサイトをチェックしているんですけどね。こちら↓

札幌市のメンズ脱毛情報※ヒゲなど脱毛が安いサロン・クリニックは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です